2022年5月6日金曜日

Mod 4の授業と、1年目を簡単に振り返ります

Class of 2023のTIです。いよいよMod4が終了し、MBA生活の半分が終了してしましました。。今思うと本当にあっという間で、残り半分でどれだけ学びを最大化させつつ楽しく過ごすことができるだろうか、、と気が引き締まる思いです。今回は以前お伝えしたMod1-3の振り返りの流れでMod4を振り返りたいと思います。

当方が受講したクラスは以下の通りです。

科目名

内容

感想・満足度

Corporate Strategy 

第二学期で受講したBusiness Strategyという授業の更に個別企業の戦略に踏み込んだ授業。ビジネスポートフォリオを拡大させるにあたってのジレンマ・留意点・Pros/Cons等についてCaseディスカッションを通じて学ぶ授業。最終的には個別企業の戦略についてのプレゼンを行う。授業内でのブレークアウトディスカッションが頻繁に行われる。DivestitureAcquisitionJV等のトピックが多い。

評価:

Strategyという抽象的且つTakeawayを得るのが難しい領域を上手く纏めているな、という印象の授業。最終課題でNikeを題材としたグループプレゼンでの学びが多かった。

Business Plan Analysis

地場VCのマネージングディレクターが教壇に立つ授業。毎週ゲストスピーカー(起業家)とその企業に関するPitchCaseを読み、分析を行う。また、StartupValuationについても毎週課題が出され、授業の内容はそれらに関するdiscussionが太宗を占める、理論と実践が両立されている授業。

Founderのプレゼンをベースとした簡易DD×5回・Valuationエクササイズが4回と課題提出頻度が多い。

評価:

包括的にVC投資を学んだり、Founderの話を聞けるのは良かったが、内容やValuation等、個人的に表面的過ぎた印象。

Value Chain Innovation

Value Chainでのイノベーション事例を学ぶ授業(クラウド・3Dプリンティング等工程を大きく変えた事例・今後変えうる事例、又BlockchainAI。最終課題は特定企業に対して適用し得るInnovation事例について、グループでのプレゼンテーションを行う。

評価:

個人的に最初は新しい分野を気楽に学べる授業なのかな、と思い受講したが思いの外興味深い話が多かった。特にサプライチェーンにおけるBlockchainの応用等、ゲストスピーカーの話も含めて過去の業務経験で学べない知識且つ自身が疎い話が多く、良かった。

Sustainability and Strategy

サステイナビリティ分析のフレームワーク・潮流分析・またそれらをどのように企業戦略に落とし込んでいくのかを学ぶ授業(選択必修科目)。グループワークやケースライトアップが大量にあり、チームビルディングスキルも試される授業。最終課題は特定の企業を二つ選び、Sustainability InitiativePros/Cons等を分析しそれら企業へのRecommendationを作成しグループでプレゼンする。

評価:

個人的にもう少しリソースを割いてしっかり勉強したかった授業(力不足で中々100%の準備で臨めず、、)。サステイナビリティ初心者の私には非常に勉強になったし、今後使えそうな知識もそれなりに学べた。教授もInclusiveな雰囲気ながらもそれなりに追い込んでくるので、ちょうどよかった。

Brand Management 

B2C企業におけるどのようにしてブランドがモニタリングされ、Updateされていくのか。Brandを立ち上げるにあたって必要なフレームワークや知識を学ぶ授業。何故ブランドが必要なのか(そもそも)、ブランドを作り上げる為の基本フレームワークやそれらの考え方、顧客ターゲティングの考え方、ロゴやブランドメッセージの作成等網羅的にカバー(毎回Case精読が必要)。グループプロジェクト(プレゼン)×2、個人プレゼン1回、その他課題あり。

評価:

プロジェクト系の負荷がそれなりに多かったが、どのようにブランドが立ち上げられ、モニタリングされていくのか等B2Cのマーケティングなどにいないと手触り感のないトピックで非常に興味深かった。また、教授のPersonalityや思慮深さも尊敬できるな、と思いました。

Financial Statement Analysis

Caseを通じた財務分析の授業。株式投資を念頭に置いた分析の為、それなりに深いところ迄分析を行う。

評価:

比較的重めの課題が5つほど与えられ、それらの解説・ディスカッションで授業が進んでく。多分、財務分析に興味があったりしないとしんどい授業。個人的には、MBAに来てから財務分析系授業をあまりとっていなかったので受講したが、少し表面的な内容。


個人的に二年生ではじっくり腰を据えて勉強・プロジェクト系や課外活動(クラブなど)をしたかった為、Mod3、Mod4で多めに単位を取りに行った結果、中々忙しいModになりましたがその分効率性や英語での分析・資料作成スピードやディスカッションをスムーズに進める力が改善したような気がします。夏のインターンや二年生以降にこの経験を活かしていきたいと思いました。

以下、1年目を簡単に振り返ります。

■生活の変化: 私の場合6月末に単身渡米⇒9月中旬に家族が渡米(保育園転園等も経験)⇒2か月ほどして漸く子供がアメリカに慣れ始めるといった感じで、子供が保育園に適応するまで中々大変でしたし、Mod1は授業の負荷もそれなりにあったのでこの時期の印象がすごく強かったです。然しながら、家族が現地の生活に適応しリズムも出てくると、家族を連れてMBAのイベントに行ったり、アメリカならではの文化を楽しんだり(ハロウィン等)、生活のサイクルが整い勉強も良い感じになってきました。このチャペルヒルの環境は家族連れには最高なので、向こう1年でこの生活が終わってしまうのは今から非常に残念だなと感じています。

■言語: また、私自身MBA受験で英語を学び、且つ(日系営業とはいえ)NY支店で1年勤務していたので英語は大丈夫だろう!と思っていたらネイティブ同士のディスカッションやカジュアルトークに入っていくのは中々しんどかったのが印象的です(UNCはネイティブ比率が高いうえ、インターナショナルも英語が堪能なインド出身がかなり多いです)。然しながら、なんだかんだいろんな同級生に気を遣ってもらいサバイブできたな、と思います。今ではそのような環境でディスカッションをする術を身につけられたと思います。アメリカのビジネススクールでは英語がつたなくとも発言すればだれか拾ってくれます。逆に何も言わないと、誰もなんとも言ってくれません。

■グループワーク・コミュニケーション: ビジネススクールなので、学生は周りの学生の強みや得意科目などをよく見ています。私は金融(M&A)出身なので、グループワーク・プレゼン資料作成・ファイナンス系で周りに貢献できるように意識していたのですが、その結果Electiveでのチームビルディングでもその辺を見ていてくれた人から声をかけてもらうことが多くなって嬉しい気分になりました。職場環境から離れていてもやはり皆ビジネスマンなので、周囲からの評価・信頼はものすごく大事だな、と思います。

■その他: ビジネススクールでは、Club活動(私はAsian Business ClubというところでVPをやっています)、文化系イベント、スポーツ等色々と興味深いものが沢山あります。個人的にはDuke MBAとのスポーツ対抗戦(男女サッカー、バスケ、テニス、バドミントン、アメフト、その他クイズ大会等もあり)にてサッカーに出場したのがとても楽しかったです。残念ながら、サッカーの試合では1-3で敗北してしまったのですが、個人的に久しぶりの真面目なサッカーを楽しむだけでなく、Duke MBA生との交流・UNCMBA2年生やExchange studentとの交流等サッカーを通じて楽しむことができて、参加して良かったなと思いました(オーガナイズするのはかなり大変だったと思います。運営をしてくれた二年生には本当に感謝です)。


色々失敗や恥ずかしい思いも沢山したのですが、夏や二年生の生活でも新しいことを吸収できるようにしたいと思います。


すみません、個人的な感想を取り留めなくだらだらと書いてしまったのですが、参考になればと思います。受験生の方など、ご質問やチャットの依頼などあればお気軽にご連絡ください!また、Class of 2024(今年入学)では日本人が数名入学する予定です。コロナを挟んで日本人の数が激減してしまったのですが、今後復活してくことを願っております。


以上


2022年3月14日月曜日

スポーツライフ

 

Class of 2023TMです。

今回はMBAで勉強に偏りがちな生活に、良いリフレッシュとなってくれるスポーツについて紹介させていただきます。

UNCは広大な敷地面積を活かした運動施設がとても充実しており、ありとあらゆるスポーツを基本無料で楽しむことが出来ます。私は大学時代にテニスをしていたこともあり、テニスをすることが多いのですが、それ以外にもゴルフ、サッカー、卓球、バスケ、ランニング等を通じて体を動かすよう心掛けています。日本では予約が取りにくいテニスコートもここUNCでは予約無しでプレイすることが出来ます。

MBA生の間では主にWhatsAppを連絡アプリとして利用しており、同アプリを利用して都合のつく時間を確認して、現地で集合して一緒にスポーツをするという流れが多いです。以下は大学内の主なスポーツ施設です。何れの施設も私が住むBaity Hillから車で10分以内の距離に位置しており、授業終わりや週末に気軽に足を運ぶことが出来ます。

*スポーツ施設(https://campusrec.unc.edu/facilities/outdoor-facilities/)

North Campus Recreation Complex

 テニスコート6面、バスケットボールコート2

South Campus Recreation Complex

 テニスコート3面、バスケットボールコート2面、ビーチバレーコート3

Hooker Fields

 サッカー、ソフトボール、ラグビー等が出来る多目的運動場

Outdoor Education Center

 67エーカーの敷地内にて様々なアウトドア活動が可能

 (ボルダリング、テニス、ハイキング等)

その他水泳(Kessing Outdoor Pool)、卓球(Student Union Center)やゴルフ等もエンジョイ出来ます。ゴルフは$50以下でプレイすることが出来る大学が所有・運営するUNC Finleyゴルフコースの他、多くのゴルフコースが大学の周辺にあります。尚、大学から1時半弱の場所にあるPine Hurst Golf Courseでは2024年に、メジャートーナメントである全米オープンが開催される予定となっております。

大学側は学生に対して積極手に運動するよう奨励しており、実際、体を動かすことで勉強の能率も高まるかと思います。皆さまも是非UNCに入学されましたら、勉強のみならずスポーツに汗を流してみてはいかがでしょうか。



2022年3月9日水曜日

MBA生の住まいについて(アパートの選択肢)

 

お世話になります。Class of 2023TIです。春休みに突入し、他の学生は夏のインターン前の最後のモラトリアムを楽しむために海外旅行(GIEという海外研修を兼ねてスイス・アイスランド・イスラエル等・若しくは個人旅行でカンクンなど)や国内旅行(西海外が人気)に行っている方が多い印象です。当方は子供がこの期間も保育園に行っていることや野暮用等もありChapel Hillに留まりながらも、束の間の休息を楽しんでおります。Chapel Hillは春に突入し、カロライナブルーの青空が広がっております。

受験生の皆さんは現在Round2の結果を待っている時期かと思いますが、今回はアパートの情報を記載致します。

テーマが若干重複している記事もあるのですが、情報のアップデートも含めて本記事にて記載させていただきます。


【オンキャンパス・オフキャンパスのメリットデメリット】

オンキャンパスのメリット:
①:オンキャンパスアパートメント(Baity Hill)はビジネススクールから徒歩10分以内の距離であり、通学が楽。

②:MBA生が多く、友人が作りやすく、交流もしやすい

③:子連れの場合公園が敷地内にもあり、遊ばせられる

④:コストが安い(ネット・電気代込みで2bed 2bath1200ドル)

オンキャンパスのデメリット:

①:築年数が結構立っており、日常生活に問題ないがやや古い

②:家族連れもそれなりにおり、場合によっては騒音がうるさい

③:徒歩圏内にレストランがなく、車が必要となる可能性が高い(子供がいない場合、バスや自転車で何とかしている人もいます)

オフキャンパスのメリット:

①:築浅でホテルのような外観の物件が多い(プール・BBQ施設があるところもちらほら)

②:(場所によっては)フランクリンストリート迄徒歩などで遊びに行ける

③:アパート内での交流

オフキャンパスのデメリット:

①:通学が不便(ビジネススクールに全員分の車を駐車できない為、近隣に住んでいるMBA生とカープールを組むか、バス通学にする必要あり)

②:コストがオンキャンパスに比して高いところが多く、ネット・電気代は別料金となる可能性(一般的な相場は1bed:900~1200ドル弱、2bed:1200~1900ドル)


【選択肢(これに限りません)】

① Baity Hill (オンキャンパス):

単身者用のメイソンファームロードというアパートもあります。また、後段の記事をご参照ください。

https://baityhill.unc.edu/ 

http://housing.unc.edu/masonfarm

② Southern Village (以下オフキャンパス):

オフキャンパスの中ではUNC(MBAに限らず)の人が多い。バス通学も可能。また、後段の記事をご参照ください。

http://www.southernvillage.com

③ Morgan:

プールがきれい。単身者や夫婦向けか。Durhamよりであり学校からやや距離がある。

The Morgan at Chapel Hill is a pet-friendly apartment community in Chapel Hill, NC (livethemorganchapelhill.com)

④ Link:

プール・BBQ設備完備。外観が美しい。

Apartments in Chapel Hill, NC | Link Apartments Linden | Home (linklinden.com)

⑤ Eliot:

周辺にレストランやスーパーもあり、オフキャンパスの中では便利。

Local Neighborhood Information | Bell Chapel Hill

⑥ Trilogy:

MBA生が一定程度住んでおり、Poolも完備

https://trilogychapelhill.com/ 

⓻ Carolina Square:

フランクリンストリートの一角。利便性◎。ターゲットの真上であり買い物しやすい。

Carolina Square | Luxury Apartments in Chapel Hill Near UNC (livecarolinasquare.com)

⑧ North Apartment: 

フランクリンストリートから離れたところにある、静かなアパート。カープールのペアを見つけるのが難しいといった情報もあるが、日本人も住んでいる。フードライオンが近い。

Luxury Townhomes and Apartments in Chapel Hill, NC | Chapel Hill North (chnapartments.com)

⑨ Cosgrove:

何と言っても綺麗。MBA生が少ない印象。学校からやや距離があるがバス通学可能。

https://cosgrovehill.com/  


また、
BaitySouthern Villageについては以下の記事にわかりやすく特徴が載っています

Chapel Hillでの住まい (Baity Hill)

Chapel Hillでの住まい(Southern Village 


【個人的な見解】

現在私はBaity Hillに住んでおり、コミュニティ内での人との交流や子連れの生活面・通学利便性含め大変満足しております。これまで日本人は利便性や子連れでの住みやすさの観点からBaity Hillやサザンビレッジを好む傾向がありますが、オフキャンパスも素敵な物件が非常に多いです(私もMorganLink等いくつか実際にお邪魔させていただきましたが、ホテルみたいな外観・部屋のアパートも多く驚きました)。是非、これらの情報を役に立てていただき、質問などはWebsite記載の日本人MBAコミュニティのGmail(unc.mba.japan@gmail.com)宛お気軽にご連絡ください。また、合格されて進学を決意された方・合格したものの進路を迷っている方は必ずご連絡ください。必要な情報等を連携させて頂きます

引き続きどうぞよろしくお願い致します。

2022年2月6日日曜日

Mod 1 ~ Mod 3までの授業を簡単に振り返ります(主観)

Class of 2023のTIです。

今回は少し真面目な記事です。

Chapel Hillの気温は東京よりも一ヶ月早く進んでいるような印象であり、一番寒い時期から脱しつつあります。学生もインターンオファーをもらい授業やキャンパスライフをエンジョイしている方、まだ就活に邁進している方、課外活動やプライベートの時間を割いている方(バスケを沢山見に行っている方も)、様々です。特に投資銀行やコンサル系の一部の方々はインターンが決まり、キャンパスで顔を見る機会が増えてきている気がします。

現在Mod3の半ばで今期からElectiveを受けることができるようになりました。最近のBlogでコア科目含め網羅した記事があまりなかったように思えましたので、今回は完全なる主観でここまでの授業を簡単に振り返りたいと思います。今受験生の皆様はインタビューや最後の追い込みでお忙しいと思いますが、進学後のイメージをより膨らませるうえでこの記事が対象なりともお役に立てればよいな、と思っています(当方の主観ですのでその点お含みおきください)。

科目名

(★=Elective)

内容(ざっくり)

満足度

(完全な主観で評価)

Mod.1 MBA Foundations and Skills

(プログラムの初期のみ受講)

コミュニケーションにフォーカスした授業。最終課題はドミノピザ(同社CFOUNCMBA卒業生)のランチ領域拡大に係る施策をプレゼンする課題があり、24時間以内に資料読み込み・ディスカッション・パワーポイント作成・プレゼン練習を行うというもの。それ以外は基本スタディチームでのディスカッションやワークショップ的なもの。

満足

Mod.1 Business Statistics and Analytics

統計学の基礎を振り返りながら、企業の意思決定に統計がどのように用いられているかを学ぶ授業。

苦戦したがかなり役に立った

Mod.1 Financial Accounting

会計の基礎(PLBSCF)や仕分け、企業のProfitabilityの評価方法等について。

既知の領域

Mod.1 Marketing Core Concept and Tools

ケーススタディ等を通じてマーケティングの手法を学ぶ授業(ConjointBreak-evenValue based pricing3C CLV)。また、実際にマーケティング等を行っている企業を招いた講演授業も有り。授業のかなりの部分をディスカッションが占めた印象。

ディスカッションに苦しんだが、それなりにGroupにも貢献できた

Mod.1 Microeconomics

所謂ミクロ経済。

苦手分野で苦戦した

Mod.1 Inclusive Leadership

職場におけるダイバーシティやリーダーシップの在り方について、かなり幅広にディスカッションする授業。教授が日本在住経験があり、日本人はそれなりにCold callされる印象。

非常に重要なトピックだが、センシティブな話題が多く発言しづらかった。教授が家族連れのInternationalに対して関心が高く、休日のPlaces to visitについてたまに教えてくれて、非常に良い人です。

Mod.1 Leading and Managing

(プログラムの初期のみ受講)

意思決定の在り方におけるディスカッション(プログラム初期のワークショップ的な位置づけ)

MBAの導入部分として、少人数のディスカッション等満足できたがあまりパフォーマンス発揮できず

Mod.1 Financial Tools

ファイナンスの基礎(TVMDCF(ディスカウントキャッシュフロー)CAPM、ポートフォリオ論の入り口部分、オプション商品について)を網羅する授業。かなりアカデミックな側面が強い授業。

既知の領域

Mod.2 Operation

オペレーションに関する授業。Inventory management, Supply Chainをどのような指標を用いて評価するか、実際のグローバル企業でそれらがどのように応用されているかなどをケースを通じて学ぶ授業。

新たな発見が多くあり、とても楽しかった。

Mod.2 Finance

Mod1Financial ToolsAccountingをベースとし、よりキャッシュフローモデリングの基礎にフォーカスする授業。グループワークでのモデリング課題の提出が求められる。

既知の領域でバックグランドドンピシャの授業。グループワークが楽しかった。

Mod.2 Business Strategy

ケースを通じてSWOT, PEST Analysis, Five Forces Modelといった企業若しくは業界の競争力や新規参入ハードルなどを評価するフレームワークを学ぶ授業。ディスカッションの側面が強い。

あまり知見が無い分野で学ぶのは楽しかったが、授業の評価がかなり主観的な印象を受け、パフォーマンスも振るわなかった(当方のアウトプットも冴えなかった)

Mod.2 Strategic Cost Analysis and Performance Management

管理会計の授業。何故管理会計が企業の意思決定をするうえで重要なのか、それらをどのように用いて指標を評価し、適切な意思決定をするのかを学ぶ授業。具体的には本社コスト配分(Activity Based Costing)Capacity Cost, Transfer Pricing, Internal Control, Budgeting等。

教授のパーソナリティが強烈であり賛否あったが、個人的にとても学びが多かった。特に管理会計における各種コストの考え方、Overheadの割り振り等。

Mod.3 Managing Professional Service Firm

ナレッジ、意思決定のアドバイザリー、分析等を提供するプロフェッショナルサービスファーム(具体的には投資銀行・コンサル・Law firm)における意思決定のあり方・顧客や他部署とのコンフリクト・事業拡大の在り方をケースディスカッションを通じて学ぶ授業。

Coldcall連発系授業。トピックが興味深く、二年生からの意見も含めて学びが多い。緊張感ある授業。

Mod.3 Introduction to Entrepreneurship

起業や事業開発における留意点・考え方・事業分析の在り方等をケースディスカッションを通じて学ぶ授業。

Coldcall連発系授業。トピックが興味深く、二年生からの意見も含めて学びが多い(Managing Professional Service Firmと教授が同じ)。緊張感ある授業。

Mod.3 Data Analytics and Decision Making

JMPという統計ソフトを用いて、データ分析をしながらとあるシチュエーションにおける企業の意思決定の妥当性を議論する講義。

統計の応用であり、個人的に苦手意識を感じていたが統計のおさらいや実際のビジネスにおける応用をまとめてできている印象。充実感あり(ただし結構課題が出る)。

Mod.3 Capital Market and Allocation

ポートフォリオ理論について。統計学の知識等を活用し、ボラティリティを抑えつつ期待リターンの最大化が可能な金融資産ポートフォリオを構築する為のスキルを学ぶ講義。

統計を最大限活用する部分もあり、個人的にFinance出身であっても少し難しい(学びが多いという意味では◎)

Mod.3  Management Communication and Presentation Skills

パブリックスピーキング、プレゼン、ストーリーテリング、即興のスピーチを行う授業。スライドの作成含めた表現力が高められる。

苦手なスピーキング系授業で周囲からの辛辣なFBももらえて有難い。

Mod.3 Venture Capital Valuation and Deal Structure

Inter SouthというNorth Carolinaの老舗VCのマネージングディレクターが講師を務める授業。スタートアップ企業の分析・Term sheet理解・Capital TableCash Waterfallの作り方だけではなく、実際に起業家を呼んでピッチをしてもらい、VCの視点でValuationInvestment thesisを小チームでディスカッションしたりもする授業。

Practicalな授業で楽しい(周囲の学生の興味がかぶっている部分も◎)。

以上です。またMod 3の半ばですが、二年生との交流も含めて楽しめています。受験生の皆様から個別にチャットのご依頼なども頂きますが、不明点あればいつでもご連絡ください。

引き続き宜しくお願い致します!

2021年11月16日火曜日

【告知】UNC Kenan-Flagler Business School Full Time MBA日本人在校生による学校説明会 12/26(日)・1/15(土)開催

日本人在校生によるKenan-Flagler Business School Full-time MBA Programに関するWebinarを開催致します。

本Webinarではプログラムの基本的な構成や特徴的な授業に触れるのみならず、2ndラウンド出願者の面接対策及び3rdラウンド出願予定者へのエッセイ対策に焦点を置き、当校のFull Time MBA Programの概要やアプリケーションプロセス、学校の特徴の ほか、チャペルヒルでの生活やオフキャンパスの過ごし方など、多岐にわたり在校生のリアルな声をお届けいたします。

また、本Webinarを可能な限りアプリカントの皆様にとって有意義なものにするために、以下参加申込フォーム内で事前質問 を受け付けております。当日は事前質問内容にもお答えして参りますので、ご不明点や気になる点がある方は何なりとご記入くだ さい。

開催日時:以下の通り二回に分けて開催予定
■第一回:日本時間2021年12月26日 (日) 22:00
■第二回:日本時間2022年1月15日 (土) 22:00

開催方式:Zoom

申 し込みフォーム:

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScvuD2pSo1IWdbT9dh-O1oQqFgfcAu3bBU3xgXuPTox4PF45A/viewform?usp=sf_link 


上記に記載いただくメールアドレスへ、後日Webinarに関する詳細をお送りします。

<日本語サイトでは、随時質問を受け付けております。>
・UNC MBA日本語サイト:http://public.kenan-flagler.unc.edu/mba/JapaneseApp/index.html

※尚、本Webinarは非公式に行うものであり、選考とは一切関係ありません