2021年4月23日金曜日

本の紹介

こんにちは。Class of 2021のTKです。

MBAの長い受験プロセスを終了し、夏の渡米に向けて準備を始められてきた方が増えているかなと思います。一方でウェイトリスト対策など、まだ戦っている方もいるかと思います。ぜひUNC在校生としてお手伝いできることがありましたら、遠慮なくご連絡をください。

我々Class of 2021は卒業を3週間後に控え、これが私にとって在校生として最後のブログになると思います。今回はMBA期間中に読んだ様々な本の中で、これからMBAで学ばれていく上で参考になるであろう本を1つ紹介させて頂こうと思います。時間が出来たら読んでみると、MBAでの勉強やその後にキャリアにとって、とても参考になる本だと思います。


コーポレート・トランスフォーメーション 日本の会社をつくり変える(冨山和彦)

CX(コーポレート・トランスフォーメーション)やDX(デジタル・トランスフォーメーション)というワードはよく聞くと思います。この本は、いかに日本の企業が世界と比べて時代遅れなのか、様々な企業が取り組んでいるCXやDXがいかに本質をついていない、いわゆる”CXごっこ”になっているかを、かなり辛辣にきつい言葉で、しかし納得のいく形で書かれた本です。

日本は1960年代の高度経済成長期からバブル崩壊までの30年間にうまく機能した終身雇用、年功制度、新卒一括採用といった制度を、時代がどんどん変わり、企業に求められるものも変わってきているにも関わらず、ほとんど姿を変えることなくここまで来ました。そして気がづいたら、国際社会と対等に戦える企業が全然なくなっている現状に非常に鋭くメスを入れています。
いかに現在の日本企業の人材・事業ポートフォリオが同質的、閉鎖的、固定的であるか、そしてどのようにしてこれを多様性、開放的、流動性の高いものに変えていくか、それが真のCXであるということを説明してくれています。

「両利き経営」(これまでのコア事業を深化させつつ、新たな事業機会を探索する経営のこと)を実現するためには、(1)コア事業を強化し、新たな事業に投資ができる十分なキャッシュを生み出せるものにする、(2)買収と事業売却を頻繁に行い、事業ポートフォリオの新陳代謝を高める、(3)組織能力(人材)を多様化する、この3つが重要といわれています。

コロナにより、時代変化のスピードが10年も20年も早まったといわれています。これは企業にとってピンチでもあり、同時に大きなチャンスでもあります。日本企業はどのようにしてCXを実施して、両利き経営を実現できる形に変えていくかの道筋を、多くの事例と筆者の経験を用いて、とても明確に描いてくれている本です。


以下、本文で私が笑ってしまった文章です。
「今の日本企業の上層部は、若い人たちにはまだ経営などをやる能力がないという。でも能力がないのではなくて経験がないだけだ。ならさっさと昇進させて経験させろ。大学時代に麻雀やディスコ通いやらサークル活動やらでろくに勉強もせず、社会人になってからは行きたくもない土日の営業ゴルフに付き合い、行きたくもない銀座の飲み屋に付き合い、ひたすら上司のケツの穴をなめることで偉くなってきた日本人の中高年のおっさんの能力なんて、たかが知れているのだから。」

節々にこのようなきつい(汚い)言葉で書かれている部分はありますが、全体としてとても納得のいく、とてもおもしろい本でした。MBAはこれからのキャリアを見つめなおすことのできる貴重な時間になると思います。ぜひ時間のある時に読んで、これからのキャリアを考える際の参考になればと思います。

他にもいろいろ読んでお勧めしたいものがたくさんあるので、もしUNCに進学されて、何か面白い本ないかなと思ったら、遠慮なく聞いてくれたらうれしいです。

2021年4月6日火曜日

COVID-19 ワクチン接種状況

こんにちは。Class of 2021のTHです。

今日はUNC周辺におけるCOVID-19 ワクチン接種の状況について最新情報をお届けしたいと思います。

みなさまご存知の通り、アメリカではすでに昨年から順次ワクチンの接種が開始されており、2021年4月6日時点では全米ですでに6,300万人がワクチンの完全接種(2度の摂取が要するタイプの場合、2度の摂取)を完了、1度でも接種した人は1億人を超えており、すでに全米の人口の約32%が少なくとも1度はワクチンの接種をしたことになります。(https://covid.cdc.gov/covid-data-tracker/#vaccinations)

そんな中、各州によってワクチン摂取が可能な対象者の規定は異なりますが、UNCの所在するノースカロライナ州では、2021年4月7日(水)から16歳以上の全ての大人が摂取対象となりました。(https://covid19.ncdhhs.gov/vaccines)(https://covid19.ncdhhs.gov/dashboard/vaccinations)

それに伴い、UNC内でもUNC Campus Healthという組織が旗を振り、生徒たちへのワクチン摂取の対応を進めてくれており、私たちビジネススクール生も含め全てのUNC生徒のワクチン摂取が可能になりました。

もちろん、ワクチンの数に制限があるため、予約が取れるかどうかの問題はありますが、少なくとも私の周辺では接種を希望している人の多くは予約が取れているように思います。

また、上記のUNC Campus Healthでワクチンが接種できるのはUNCの生徒のみですが、州内の病院や薬局などでも同様に、4月7日以降16歳以上の全ての大人がワクチン摂取可能となったため、私たち生徒のパートナーや家族もワクチン摂取が可能な状況です。

今後アメリカのビジネススクールへの進学を検討されているみなさまは、引き続きコロナの影響が気になることと思いますが、ワクチン接種状況や感染拡大対策の徹底状況を踏まえ、UNCでは今年の秋学期以降、In-Personでの授業の再開を目指しています。

今後ももちろん注意が必要な状況は続きますが、少しずつ現状打破への兆しが見えてきたのでは、と思っています。

みなさまの学校選びにおいても、治安やコロナリスクは大きな検討要素であると思いますので、何かご質問がありましたらお気軽に在校生までご連絡ください!


UNC Campus Health


ワクチン摂取可能な主な薬局



2021年3月21日日曜日

Chapel Hillでの住まい (Baity Hill)

こんにちは、Class of 2021SMです。いよいよ2年間で最後のModの開始が迫っており、少しセンチメンタルな気分です。

受験生の皆さんは合否が出て進学先を検討されたり、これからインタビューに臨まれるという方もいらっしゃるかと思います。今回は前回に引き続き、Chapel Hillでの住宅事情をご紹介し、少しでも皆さんがUNC/Chapel Hillでの生活を思い描くご参考になれば嬉しいです。

 

前回KNさんはoff campusでの住宅情報でしたが、今回は私が住むon campusのアパートBaity Hillをご紹介します!

Baity Hillは学校が運営するon campusのアパートメントで、基本的には大学院、PHD等に通う学生向けのアパートメントで、感覚値ですが、家族で住まわれてる方が最も多く、学生同士でルームシェアをしている方が二番目、その次に一人部屋で単身で住まわれてる方もいるといった住民構成です。

一般的にon campusアパートと聞いて想像する学部生向けのドミトリーとは違い、ひとつひとつの部屋が広く作られているのが特徴です。

 

ここからはBaity Hillの長所と短所をご紹介したいと思います。

ここが素敵だBaity Hill!

  •          とにかくお手頃
まず何と言ってもoff campusアパートメントと比べて安いです!毎月の家賃には、水道、光熱費、インターネット、ケーブルテレビ等全て入っており、2 bed+1 bath (約85平米)の部屋を約12~13万円/月で借りられます。
off campus
の住む所にもよりますが、おおよそ5~8万円くらい家賃+水道/光熱費費/インターネットで安いように思います。(SM調べ)

  •          とにかく近い
ビジネススクールの校舎と隣接していますので、徒歩5~10分程度で教室まで行けますし、シェアサイクルがあるので遅刻しそうな時は立ち漕ぎでダッシュすれば更に早く着きます。また、隙間時間やお昼休みに自宅へ戻って休憩できる事も利点のひとつです。オンライン授業になってからは関係なくなりましたが、皆さんがご入学される頃には通常授業に戻っている事を願っています!

  •          コミュニティが良い!
住民は全てUNC関係者ですので、安心感がありますし、皆さんとてもフレンドリーです。小さな公園も隣接しており、お子さん連れにとっても便利ですし、公園で友人の輪を広げて行く事もできるかと思います。
さらに、MBAのインターナショナル生が多く住んでいるので散歩の道すがら雑談をしたり、登下校中に会話をして友人関係を広げたりできるのもおススメするポイントです。

ここが残念だよBaity Hill

  •          何をするのにも車がいる
学校の敷地内にあるので、スーパーやレストランは徒歩圏内にありません。無料バスも利用できますが、やはり車が必要です。車を利用すると15分程でスーパーや多くの飲食店にアクセスできますが、ちょっと買い忘れてコンビニまで的な事ができないのが残念です。

  •          年季が入ってる
2004年に建てられて建物自体少し年季が入っているのと、部屋は完全にランダムに割り当てられるので、設備に多少違いがあるのは残念ポイントです。ある部屋のコンロと食洗器は新しめなのに、我が家のは古いとか、全面フローリングの部屋と全面カーペットの部屋があると言った感じです。また住民の入れ替わり時に、おそらくカーペットを張り替えてない(掃除はしてくれてる)ので、off campusの友人宅に行った際には、カーペットのフカフカ加減にびっくりするという残念ポイントもあります。



とても良いご近所さんにも恵まれ、クラスメイトとも深酒しながら仲を深めたり、日本では考えられないような広く、緑の多い環境で2年間過ごせましたので、総じて私はBaity Hillに大満足です!

 

以上が私からのBaity Hill紹介になります。

これから進学先について悩まれたり、インタビューや受験全般のご相談があればお気軽に在校生までお問合せください!


家の前の通り











2021年3月6日土曜日

Chapel Hillでの住まい(Southern Village)

こんにちは、Class of 2021のKNです。3月になり、Chapel Hillにはカロライナブルーの青空が広がり、すっかり春らしい気候になっています。

さて、受験生の皆様は2ndラウンドの面接が終わり結果を待っているところかと思います。なお、UNCの結果発表はアメリカ時間の3月8日です。一人でも多くの方がUNCを進学先に選んでくれると嬉しく思います!


今回は、少し気が早い気もしますが、Chapel Hillの住まいについてご紹介したいと思います。Chapel Hillでの生活に期待を膨らませながら読んでいただけると幸いです。

日本人のMBA生の多くはキャンパス隣接のBaty Hillに住むことになると思いますが、私はOff Campusのアパートメントに居住しています。私の住む、Southern Village Apartmentはビジネススクールのキャンパスから車で10分ほどのところにある住宅地です。今回は、Southern Village Apartmentについて紹介致します!


Southern Villageの長所

  • 徒歩圏内に色々なお店がある
    • Southern Villageにはアパートメントのある居住エリアにショッピングエリアが隣接しています。一部コロナウイルスの影響で閉店してしまっていますがレストランやカフェ、薬局、クリーニング屋さん、郵送サービス、映画館、スーパーマーケット等、車社会のアメリカでは珍しく、徒歩圏内で生活を完結させることが可能です。
    • 中でも、Al's Burger Shackは過去にTripAdviserで全米で最もおいしいハンバーガー屋さんに選ばれた名店です。Chapel Hillに来られた際にはぜひアメリカンな味を楽しんでみてくださいね。
    • 特に、家族でChapel Hillに来られる場合、車の運転が不安なパートナーの方もいらっしゃると思います。North Carolinaのローカル食材を取りそろえたスーパーマーケットもありますので、ご自身が授業等で不在の場合やちょっとした買い物もサクッといけるので非常に生活しやすいと思います。


      (Southern Village内のカフェ)

  • 子育て環境
    • Southern Villageの敷地内には、なんと小学校と託児所があります!こちらも歩いて行けますので、ちょうど小学生や保育園に行く年ごろのお子様がいらっしゃる家庭にはとても便利だと思います。
    • また、小児科が2軒と小児歯科がありますので、体調を崩してしまったときも安心です。
    • 隣接するSouthern Community Parkに大きなPlay Groundがありますので、子供のエネルギーを存分に発散してもらえると思います!


  • 豊かな自然
    • Southern Villageはその周囲をNatural Trailで取り囲まれており、散歩やジョギングに最適です。
    • 特にこの1年間はコロナウイルスでリモート授業だったので私も周辺を散策しまくりました!少し歩くだけでこんな大草原にも行くことができます。


  • 日本人コミュニティ
    • コミュニティというほどではありませんが、Southern VillageにはMBA生以外に研究者として来られている日本人の方が住まわれています。MBA生とは違って2年以上Chapel Hillに住まわれている方々ですので、何か困ったことやわからないことがある際にいつも助けて頂いています。
    • 初めての海外生活の場合、いろいろと言い知れぬ不安を感じることもあるかと思いますので、いざとなったときに頼れる日本人の方が近くにいるのは心理的な安心感があります。

Southern Villageの短所
  • 通学が不便
    • 私は2年間の半分以上がリモートだったのでそこまで強く感じませんでしたが、やはりキャンパスに住む場合と比較して通学は不便です。
    • UNCは車での通学に制限がかかっているのでバスで通学することになると思いますが、バスでキャンパスまで5-10分、そこから10分歩いてビジネススクールに着くといった具合です。また、朝の時間帯は道路が混雑するためキャンパスに着くまでにさらに時間がかかることもあります。

  • やや年季が入っている
    • Southern Villageは完成してから20年ほど経っているので、都度設備のアップデートはありますが最新とは言い難い仕上がりになっています。特に水回りは日本人の感覚からすると気になるかと思いますので、写真等で入居前に要確認です。

  • 価格が(Baity Hillに比べる)と高い
    • これはSouthern Villageに限ったことではありませんが、Baity Hillと比べると値段はやや高めです。(と言うよりBaity Hillが安すぎる)
    • 1バス・1ベットルーム、もしくは2バス・2ベットルームで1,000~1,500ドル/月ぐらいです。なお、家賃は契約するときの需給動向によります。

簡単ですが、以上が私が約2年間Southern Villageに住んでみた感想になります。なお、Chapel Hillは総じて治安が良く、いたるところで新しいアパートの建設も進んでおりますので、魅力的な物件がたくさんあると思います。ぜひお気に入りの物件を見つけ、素晴らしいMBAライフをお過ごしください!Southern Villageのことに限らず住居一般のことや、進学先決定に際して不安や疑問がありましたら是非在校生にご連絡下さい。


2021年2月14日日曜日

MBAの意義

こんにちは。Class of 2021TKです。

 

気が付けば卒業まであと3カ月ほどのところまで来ていたので、今回のブログは約1年半のUNCでの生活から、今思う私にとっての「MBAの意義」について簡単に書いてみようと思います。少しでも参考になれば幸いです。

 

MBAの意義」

MBAでの生活で得られたことは本当にたくさんありますが、その中でも私にとって得られたものが大きかったと思っていることは下記の2つです。

 

1.     自分のキャリアについて真剣に考える時間を確保できる

MBA以前は日々の業務に追われて、ゆっくりと自分のキャリアを考える時間なんてありませんでした。このまま同じ会社に勤めて、命じられた部署に異動を繰り返しながら、それぞれの部署で精一杯働いてキャリアを進めていくのかなと漠然と思っていました。

MBAでの生活は、もちろん勉強はハードですし、人付き合いも大切な事なので、それなりに忙しい日々を送りますが、それでも仕事をしていた時に比べれば、自分で自由に使える時間がたくさんあります。

自分はどんなキャリアを歩みたいのか、キャリアを通じて何を達成したいのか………そんなことを自分とは全く考えの違う様々なバックグラウンドの同級生たちと話をすることで、自分の知らなかったキャリアに対する考え方があることをMBAに来て学ぶことが出来ました。

コロナにより日本の働き方も大きく変化をし、今後は“新卒一括採用”、“終身雇用”、“年功序列の給与体系”などのこれまでの形が、大きく変化していくことになると思います。変革期だからこそ、一度立ち止まってじっくり自分のキャリアを考えることは、この先の長いキャリア人生の中でとても貴重な時間になると思います。



2.     新しい自分の居場所ができる

社会人になってからは、会社の同期や仕事関係で知り合った人とプライベートでも親しくなること以外で自分のコミュニティを広げることは、なかなか私にはできませんでした。

UNCは非常にアルムナイのネットワークを大切にしており、私も在学中キャリアのことで悩んでいた時、多くの卒業生が喜んで話を聞いてくれました。

また日本人同級生はみんなバックグラウンドもこれから進んでいくキャリアも異なるけれど、それぞれ自分の考え方を持った素敵な仲間たちで、MBAの生活ではお互い助け合いながら過ごしてきました。

30歳を過ぎてから、こんなにも素晴らしいネットワークに自分が入ることができるなんで思っていなかったので、このUNCネットワークには入れたことは、MBA にきてよかったと思うとても大きな理由となっています。


  

近年、巷ではMBA不要論を語った本などもたくさん出版されていますが、真のMBAの意義はここに来た人にしかわからないことだと思います。当然、上の2つ以外にも、様々な分野の知識が学べること、家族と掛け替えのない思い出を作れること、びっくりするくらいリフレッシュできること、などなど本当にたくさんMBAに来てよかったと思うことがあるので、ぜひぜひ最後まで受験勉強を戦い抜いていただいて、それぞれ納得のいく大学からの合格を勝ち取ってもらいたいと思います。

そして、皆さんの中でUNCに進学を決めてくれる方たちが一人でも多くいることを楽しみにしています。


2021年1月25日月曜日

【告知】日本時間 2/6(土) 10:00am - 11:00am 在校生によるWebinar開催のお知らせ 

日本人在校生によるKenan-Flagler Business School Full time MBA Programに関するWebinarを開催致します。

本Webinarでは2ndラウンド出願者の面接対策及び3rdラウンド出願者のエッセイ対策に焦点を置き、当校のFull Time MBA Program概要やアプリケーションプロセス、学校の特徴のほか、チャペルヒルでの生活やオフキャンパスの過ごし方など、多岐にわたり在校生のリアルな声をお届けいたします。

また、本Webinarを可能な限りアプリカントの皆様にとって有意義なものにするために、参加申込フォーム内で事前質問を受け付けております。当日は事前質問内容にもお答えして参りますので、ご不明点や気になる点がある方は何なりとご質問ください。

開催日時:2月6日(土) 10:00am - 11:00am (日本時間) 
開催方式:Zoom ※ Zoomリンクはお申し込み者向けに別途ご案内致します。
申込方法:こちらの申込フォームからお願い致します。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

2021年1月14日木曜日

UNCの必見スポット!

あけましておめでとうございます。Class of 2021のSYです。

受験生の皆さんは、これから出願・インタビューと佳境になるかと思いますが、最後までぜひみなさんの力を出していただければと思います!


さて、今回は少し趣向を変えて、キャンパスにある施設、特にビジネススクールのエリアにはないスポットを紹介したいと思います。広大なキャンパスを構える(アメリカの他大学の友人を案内しても広さに驚かれます!)UNCには様々な施設があり、渡米後の生活ををイメージしてもらえればと思います。


①Dean Smith Center

ビジネススクールキャンパス近くに大きくそびえているのがこのアリーナです。多目的アリーナらしいのですが、もっぱらバスケの試合に使われています。UNCといえばバスケ!ということで、試合の日は外まで音が聞こえるくらいに大盛り上がり。自分はバスケ素人ですが、素人目でもこれが大学の施設か!と思うくらい立派で、試合を見た際はその迫力に圧倒されました!




②Kessing Outdoor Pool/Bowman Gray Memorial Pool

UNCには屋外・屋内プールがあり、学生ならば無料で使えます!現在はコロナ対策のため、レーンごとに事前予約する必要がありますが、45分間1人で1レーン使うことができるので、自分のペースで泳ぐことができます。監視員もおり、安心して使えます。屋内プールは朝6時から夜7時まで利用可能で、授業期間中でも日々の運動には最適です(自分もしょちゅう通っています笑)。プール内でのエクササイズクラスも開講。ビジネススクールからバスで10分程度です。



③Davis Library

UNC内で一番大きい図書館。多数の蔵書があり、なんと日本語の小説コーナーも!(人文系学部の日本人の方がピックアップしているそう)自習スペースがたくさんあり、大きなソファでPCを見ながら勉強をしたり昼寝をしたりするのも◎ 最上階の自習室からは大学周辺を一望できます。現在はコロナ対策のため自習スペースは予約制になっています。こちらもビジネススクールからバスで10分程度。



④Ackland Art Museum

UNCが保有する美術館。大学の教育施設も兼ねており、入場料無料、学芸員による説明も無料です。アジア系の展示が多く、日本の仏像や陶器もあります。また、この1年間は草間彌生の特別展が行われており、奥様たちが見に行っていました。コロナ対策のためしばらく閉館していましたが、この1月から再開されるようです。勉強の合間にたまには芸術に触れる、というのもよいのではないでしょうか。ビジネススクールからバスで15分程度です。




⑤Carolina Inn

UNCが運営している高級ホテル。「チャペルヒル」の由来となったチャペルはここに昔あったそう。夏季の毎週金曜日にはホテル内のお庭で音楽を聴きながら食事やお酒を楽しめます。ビジネススクールのソーシャルイベントも開催されます。コロナ流行によりこうしたイベントは現在は中止されていますが、再開されれば、ぜひ行ってみることをおすすめします!




いかがでしたでしょうか。このほか大学の敷地内ではないですが、大学の管理する植物園やゴルフコースがすぐ近くにあるなど、様々なスポットがUNCには存在しています。ぜひ渡米した際には、こうしたスポットを巡ってみてください!