2018年7月19日木曜日

Energy Enrichmentについて

こんにちは。Class of 2019のErikoです。

アゴス夏祭りで特にエネルギー関連企業からの社費派遣の方々から「UNCのEnergyってどんな感じか?」という質問も多くいただいたので、今回はそれについてお答えしたいと思います!

まず、UNCにはConcentrationとEnrichmentがあり、それぞれの一覧は下記の様になっています。

Career Concentration
Capital Markets and Investments
Corporate Finance
Management Consulting
Marketing
Operation Management
Real Estate
Technology

Enrichment Concentration
Energy
Entrepreneurship
Healthcare
Sustainable Enterprise

それぞれ指定された単位を取得することで、Concentration/Enrichmentを取得することができ、主にはレジュメ(履歴書)に書いて就活の際のアピールに使うことができます。
こちらはオプションになっているため、Concentration/Enrichmentに縛られずに好きな授業を取ることももちろん可能です。

Energy Enrichmentで提供されている授業としては下記があります。
The Business of Refining
Alternative Energy
The Business of Power
The Energy Value Chain
The Midstream Business
The Business of Oil and Gas: Exploration and Production
Renewable Energy: Project Development and Finance
Strategy and Value Creation for Energy Companies
Decision Making in the Energy Industry
The Strategy of Project Finance
Energy Taxation
Energy Markets and Trading

石油、電力、再生可能エネルギーなど、エネルギーにおいても幅広い分野がカバーされていることがお分かりいただけると思います。おそらくこれだけのラインナップがあるMBAはあまりないのではないでしょうか。エネルギー業界出身者としては、Energy関連授業が充実していることは重要なWhy UNC?の一つでした。

また、UNCのEnergyを引っ張るArbogast教授は、Exxon Mobileの役員級だったこともあり、彼の授業ではその豊富な経験に基づく講義を受けることができます。教授の知り合いがゲストスピーカーとして呼ばれたり、授業を受け持っていたり、教授が学生にEnergy関連企業のコネを紹介したり(!)と、重要なキーパーソンとなっています。

授業の他にはEnergy Clubというクラブ活動があります。
クラブ活動では、主にキャリアトレック、ケースコンペ、Lunch & Learn(ゲストスピーカー)を行なっています。私はEnergy Club(@Austin, Texas)のケースコンペに参加しました。石油会社が14つの油田のうち、どの油田を開発すべきか?その投資とリターンはどの様に推測できるか?というハイレベルなもので、とても勉強になりました。また、Lunch & Learnでは、Duke EnergyというNC周辺エリアをカバーしている大手の電力会社から、地元の小さなスタートアップまで、様々なゲストスピーカーを呼んで講演をしてもらうなど、積極的に活動を行っています。

このようにエネルギーに関するアクティブな活動がありながら、学校全体としては様々なバックグラウンドを持った学生が集まるバランスの良さが、UNCの素晴らしさだと思います。

STAR Projectのご紹介

こんにちは。Class of 2019のErikoです。
アゴス夏祭りで受験生の方から「まだスコアが出ていなくて不安です」というお話をお伺いすることがありました。私の話をすると、6月末に社内選考通過、7月にTOEFL開始、9月にGMAT開始、11月にEssay開始し、11月末に出願スコア揃う、といったスケジュールでした。今思えば結果的に「なんとかなった」といったところですが、受験当時はスコアが出ない焦りと不安で押しつぶされそうになっていました。私のスコアは胸を張れるものではありませんが、「なんとかなる」を実証できた様に思います。まだ時間はありますので、受験生の皆様は焦らずに着実に頑張っていただければと思います。UNCに関するご質問があれば遠慮なくご連絡ください。

さて、今回はMOD III & IVに取り組みましたSTARプロジェクトをご紹介したいと思います。

STARプロジェクトは、MBAの学生とビジネススクールの学部生からなる5-6人のグループで、実際の企業のコンサルティングを行うハンズオンのプロジェクトで、UNC Kenan-Flagler Business Schoolの目玉プロジェクトとなっています。クライアント企業はP&Gなどの大企業から、地元のスタートアップまで様々で、事前のアンケートに基づいてチームにアサインされます。またFull-time MBAの学生はチームリーダーとして立候補することも可能です(相当の英語力が求められます)。今年のSTAR Projectはかなり人気が高かった様で、応募したけどアサインされなかったという例もいくつかあった様です。

私はNASCARというアメリカで最大のモータースポーツ統括団体であるNASCARのプロジェクトにアサインされました。その中でも、JGRというチームに所属する4人のドライバーのマーケティングプランを考えるという課題に取り組みました。日本ではマーケティングというとまだマスメディアのイメージが強いかもしれませんが、アメリカではマーケティング=SNSという流れになっている様で、実際に我々もTwitter, Facebook, Instagram, Youtube等々のSNSにおけるファンとのコミュニケーション方法について提案しました。

さて、このSTAR Project、私は相当に苦労しました。まずNASCARって何?という私に対し、アメリカ人にとっては常識の様で、その時点でビハインドでした。さらに、私以外のメンバーが全員アメリカ人ということで、コミュニケーションにだいぶ苦労しました。

その様な状況の中でも、なんとかチームに貢献するためデータ分析を担当し、そこからインサイトを見つけ、提案に結びつけることができました。また、最終プレゼンテーションではクライアントに満足していただける内容を提案できたことは非常に良かったと思います。クライアントから50人以上のオーディエンスが集まり、その前で英語で発表するのはなかなか緊張しましたが、大変貴重な経験をすることが出来ました。

MBA生活について

こんにちは。Class of 2019のErikoです。度々ブログ更新失礼します。
日本からのフライト時間に執筆活動に勤しんでおりました。

本日はアゴス夏祭りでも質問の多かった、「MBAの生活ってどんな感じ?」という質問にお答えしたいと思います!

まず1年目の生活を振り返りたいと思います。

Fall SemesterのMOD I&IIは全て必修授業となります。


MOD Iの時間割

Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
8:00-9:20
Financial Accounting
Shaping Leaders
Financial Accounting
Shaping Leaders
最初の約1ヶ月は授業あり⇨その後就活イベントday
9:30-10:50
Financial Tools
Study Group meeting
Financial Tools
Study Group meeting
11:00-12:20

Business Statistics and Analytics

Business Statistics and Analytics
Lunch




14:00-15:20
Marketing
Microeconomics
Marketing
Microeconomics
15:30-16:50

Review Session

Review Session

MOD IIの時間割


Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
8:00-9:20
Operation
Data Analytics and Decision Making
Operation
Data Analytics and Decision Making
就活イベント
9:30-10:50
Finance
Shaping Leaders
Finance
Shaping Leaders
11:00-12:20
Business Strategy
Global Economics
Business Strategy
Global Economics
Lunch




14:00-15:20



Study Group Meeting
15:30-16:50





まずMOD Iは非常に忙しいです。ほぼ全ての授業において毎回、次回の授業までに宿題(ミニテストもしくはケースリーディング)があります。各授業は週2回ありますので、月曜にあった授業の宿題は、水曜までにやらなくてはならない。そして火曜にあった授業の宿題は木曜までにやらなくてはならないため、必然的に忙しくなります。
また、英語にも慣れていないので、授業についていくのも必死(わからないこともしばしば)、ケースのリーディングも時間がかかります。おそらくネイティブの3倍は時間がかかります。ですので、上記の時間割の空き時間は自習、放課後もケースを読むことになります。私は社費生ということで就活はありませんが、通常の学生の場合は上記勉強に加えて就活準備があり、めちゃくちゃ忙しいです。ですがKFBSの必修授業を担当する素晴らしい教授陣に「MOD Iが一番忙しい。これが終われば楽になる」と励まされて頑張れる、これがMOD Iです。

MOD IIになると、だんだん授業にも慣れてきて(手の抜き方も分かってきて…)ちょっと楽になりますが、それでも経営戦略のケースは毎回20ページくらいあり、それを読んだ上で分析などをする課題に時間がかかりました。また、ファイナンスやマクロ経済学など、わからないことがあった場合に日本語の本を参照するなどにも時間がかかります。とはいえ、朝の授業も8時からスタートするため、大体12時くらいにはベッドに入っていました。私もMBAに入るまでは毎日2-3時に寝る生活なのかな…と心配していましたが、そこまでではないのでご安心ください。

Spring Semester (MOD III & IV)は、必修の授業に加えて選択授業となりますので、負荷は調整できます。大抵はFall Semesterよりは楽になるはずです。(私の場合はSTAR Projectとインターン応募が重なり、プレッシャーのかかる学期となりました。)

STAR ProjectとEnergyの授業については別の記事にいたします!

2018年7月18日水曜日

夏休みの過ごし方〜インターン編

こんにちは!日本は暑い日が続いていますね。
3ヶ月ある夏休みも、早くも残り1ヶ月となりました。
私は夏休みの間に日本でインターンをしましたので、そのご報告をしたいと思います。

インターン応募まで
社費生ならでは誰しもが悩む(?)夏休みの過ごし方。私もインターンをするか、旅行に行くかなどと散々悩み、先輩方の話も伺って、インターンをすることに決めました。
コンサルという仕事を知りたい・別の会社で働いてみたいというのが一番の理由でしたが、同級生がほぼ全員インターンでアメリカ全土に散らばっていてチャペルヒルに残るのが寂しいというのも理由の一つです。

応募について
もともと戦略コンサルの仕事に興味があったものの、コンサルの仕事内容をよく分かっていない自分にとって、インターンというのはまたとないチャンスでした。また、先輩からあるコンサルティング会社のインターンプログラムが充実していたと伺い、その会社を含め、日本に拠点を持つコンサルティング会社でMBAのインターン募集を行なっている会社に履歴書を送り、面接をしてもらいました。
この時点で1月と少々出遅れてしまったこともあり、すでに募集を終了している会社もいくつかありました。

面接について
コンサルティング会社の面接はケース面接を行うところが多いようです。私はフェルミ推定(例えば日本に電柱はいくつあるか?などの想像もつかないような数字をある論理を使って推定していく方法)を含むケース面接に慣れていなかったため、ケース面接の対策本を日本から取り寄せて対策をしました。面接の方法は、大抵の会社が東京オフィスとのスカイプ面接でしたが、ニューヨークオフィスでの面接の場合もありました。

インターンの内容
実際にクライアントが抱えている課題に対して解決策を提案します。仮説の立て方や、インタビューやアンケートを使って仮説検証を行っていく方法など、実際のコンサルタントがやっている仕事を体験させていただけました。また、他の学校に通っているMBA生と議論したり、考え方を学んだりと非常に勉強になりました。そしてプロジェクトの最後にはフィードバックもいただけるので、改めて自分の強みと弱みを考える良い機会となりました。
インターンプログラムの内容が非常に良く構成されており、コンサルタントのサポートを受けながら、コンサル未経験の学生が無理なく取り組める内容になっています。また、実際のクライアントに提案をし、その内容に満足していただけたことが大変嬉しく、コンサルティングという仕事の醍醐味を少し味わうことができたように思います。
また、3週間地方に泊まり込みということもあり、週末には他のMBA学生と共に遊びにいくなど、とても楽しい時間を過ごせました。

社費生で夏休みに何しよう?と迷われている方、またとない機会であるインターンにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

2018年7月10日火曜日

【告知】アゴス・ジャパン MBA夏祭り(7/16)

毎年恒例のアゴス・ジャパン主催のMBA夏祭りが7月16日(月)に開催されます。UNCもブースを出展しますので、MBA受験やUNCのプログラムについて知る絶好の機会をお見逃しなく!ご興味がある方は是非ご参加ください。

日時: 2018年7月16日(月・祝) 12:00~15:00
  *12:00~ アゴス・ジャパン受講生 受付開始
  *13:00~ 一般来場者 受付開始

会場: ベルサール九段
             (東京都千代田区九段北1-8-10住友不動産九段ビル3F)

詳細、参加予約は以下の公式ページからお願い致します。

【AGOS Japan 夏祭り 詳細・参加予約】


一人でも多くのアプリカントの方々とお会いできることを楽しみにしております!

2018年6月30日土曜日

Startup&EntrepreneurshipとUNC


少しブログの期間が空いてしまいました。Class of 2019のNobuです。新2年生にとっては夏休み期間、新1年生にとっては来週からASWがいよいよ始まります。私は現在、隣町Durhamにあるスタートアップでインターンをしています。さて今回は、現在行っているインターンでの経験も踏まえ、UNCとスタートアップ、Entrepreneurshipとの関わりについてご紹介したいと思います。



渡米前はあまりイメージしていませんでしたが、RDU地域にはスタートアップビジネスを支えるアクセラレーターやVenture Capital(VC)が豊富にあります。UNCがあるチャペルヒルにはワークスペースや各種コンサルティングによりスタートアップを支援する「The Launch Chapel Hill」や、隣町Durhamには、「American Underground」というアクセラレータがあります。

American Undergroundは北米12箇所にあるGoogle for Entrepreneurs tech hubs in North Americaの一つであり、 “Startup Capital of the South”と呼ばれるように、275以上のスタートアップがAUのリソースを活用しています。具体的にはワークスペースの提供、ネットワーキングイベントの開催やコンサルティングを行っています。

VCに関しては大小様々ありますが、チャペルヒルには「Carolina Angel Network」などのVCが存在しています。



私は現在、AUに所属するスタートアップでインターンをしています。プロジェクトの一環で、スタートアップを対象にしたマーケティングリサーチを行っていますが、AU内のスタートアップは忙しい中でもコーヒー片手に話を聞いてくれるCEOがとても多く、コミュニティとしてのメリットを享受できているなと感じます。インターンに限らず、VCやアクセラレータ、スタートアップにアクセスできる機会は、授業やKenan Instituteのプログラムを通して豊富にあり、「コミュニティへのリーチのし易さ」はUNCの一つの魅力です。



続いて、授業におけるスタートアップとの関わりについてです。Entrepreneurship等、スタートアップに特化した授業もありますが、私自身が受講したBusiness Plan Analysis(BPA)という授業での経験をご紹介したいと思います。





BPAは、VCの立場からスタートアップのビジネスを評価することを通して、ビジネスモデルを網羅的に把握していく授業であり、ビジネスモデルの何をどのように評価すればいいのか?について実践を通して学んでいく授業になります。スタートアップのピッチ→生徒からの質疑応答→VCからの評価と、最終的にVCがどのようにそのスタートアップを評価し、投資をしたのか、どのようなデューデリジェンスを行ったのかについて「答え合わせ」ができるような形で授業が進められます。

その他、バリエーションの方法やアメリカ全体としてのスタートアップ情勢についても触れられます。授業としての学びも非常に大きく、これまでの中でもベストの授業の一つです。また、BPAで授業に来たスタートアップとのネットワーキングも可能です。私はインターンのプロジェクトの関係で、担当教授づてにスタートアップを紹介してもらい、現在のインターンに役立てています。


上記以外にも、Kenan Instituteという大学機関のプロジェクトやBig Topが主催するネットワーキングイベント、VCに特化した学内プロジェクト等、一歩外に踏み出してみるとスタートアップとのネットワーキングやEntrepreneurshipを学ぶ様々な機会があります。もちろん、これらのリソースを活用し起業している同級生もおり、フレンドリーな会話の中での学びもあります。もし何かご質問があれば在校生メールまで気兼ねなくご連絡ください。それでは!


2018年3月29日木曜日

MBAとCFA



こんにちは、2年生のYukiです。卒業まで残すところ1Modになりましたが、今回は私がMBAプログラムと並行して受験しているCFA試験について書き綴りたいと思います。

【CFA試験とは】

CFAとは、Chartered Financial Analystの略で、アメリカのCFA Instituteという協会が認定している財務や投資に関する専門資格です。機関投資家や投資銀行などで業務を行う方々にとっては非常にメジャーな資格で、現在では全世界に14万人ほど資格保有者がいます。資格を取得するためには1次から3次までの財務分析に関する筆記及びマークシート試験と、4年間の財務や投資関連業務の実務経験が必要になります(実務経験については、広く定義させているようなので、投資銀行や機関投資家に属する業務でなくても、受験資格に足り得る場合が多いようです。)。一般的に、財務や投資に関連する業務についている方々は、CFAを取得するかMBAを取得するか迷う場合も多いですが、今回はこのブログをご覧になっている方々がMBA入学を目指していることを前提に、MBA期間中にCFAを取得することの相乗効果について、私の体験談も交えて解説していきたいと思います。

【MBAとCFA取得の相乗効果】


· MBAの授業内容とCFAの試験内容

UNCのMBAカリキュラムでは、コーポレートファイナンス、インベストメントバンキング、リアルエステートのコンセントレーションがあり、これらに関連する多くの授業が、実質的にCFAの試験内容と重なっています。また、必修科目においても、ファイナンスに関する授業の多くの部分がCFAの試験でも主要出題項目になっています。私はMBAカリキュラムにおける当該科目のすべてを受講したわけではないですが、シラバスや友人からの情報を鑑みると、授業をうまく重なるように履修することで1次試験の65%、2次及び3次試験は75%程度の出題内容がUNCのMBAのカリキュラムでカバーできると思います。もちろん授業で習ったことを、演習問題で数多く解いたり、暗記したりする作業もプラスアルファで発生しますが、少なくとも理解すべき範囲の多くはMBAとCFAで共通するところが多いです。

· CFAの試験時期

CFAの試験は年一回、例年6月にあり(1次試験だけ年2回、6月と12月開催)、ちょうどMBAの夏休みが始まって一か月経ったあたりなので、MBA生はその時期に勉強することが可能です。社費派遣の方でインターンを考えていない方は特にですが、試験合格者の平均勉強時間は、毎次試験およそ300時間強とされており、そこから考えると試験前に夏休みに入るUNCのMBAカリキュラムは魅力的なスケジュールだと思います。また、後述しますが、インターンを行うような方の場合も、アメリカ企業のファイナンス部門でのインターンであれば多くのインターン仲間や社員が受験しているので、お互い協力し合いながら勉強することが可能です。私の場合も6月から8月まではインターンのために働いていたので忙しい時期でしたが、試験直前は仲良くなった社員の方と就業後にカフェで勉強したりと、モチベーションを維持することができました。

· MBA生の中でのCFA受験者について

CFA試験はMBAのクラスメイトの中にも多くの受験者がいます。CFA試験の場合、定番の教科書や問題集が決まっていて、それを使って学校のカフェなどで勉強していると、どこからともなくほかの受験者が話しかけてきて、次は何次試験?といったように会話になりネットワークが広がります。彼らと分からないところを教えあったり、試験範囲の情報交換をすることで試験勉強を効果的に進めることができました。また、ファイナンスやインベストメント関連業務でインターンを行う予定の方は、合格発表が7月後半にあるため、インターン先の企業でCFAを受けている社員の方々とも話が盛り上がります。私の場合、私は当時、米系保険会社の100人程度の投資子会社のディーリングルームにいましたが、受験者の社員に合格のメールが届く度に、各チームから拍手の音が聞こえます。会社によって状況は異なるかもしれませんが、バイサイドのリサーチとディーリング部門では合格発表日はそこそこ大きなイベントになります。私はインターンの身分でしたが、知らない社員の方からもおめでとうと声をかけられて嬉しかったのを覚えています。

· スカラシップ

試験費用は、何次試験かや出願時期によって変動しますが、3回の試験総額は最短で合格して25万円程です。ただ、それに加えて市販の問題集などを購入したりする費用や、平均4、5年かかるというCFA協会のコメントを参考にして1、2回程度は不合格になる前提だと、5、60万円がトータルのコストになると思われます。この費用面において、CFA協会は、Kenan-Flagler Business Schoolとパートナーシップを結んでいるため、スカラシップを利用することが可能です。残念ながらMBA生のCFA受験者全員が得られるものではなく、書類選考がありますが、毎受験費用の半分程度をスカラシップで負担することが可能です。
· キャリアヘッジとしてのCFA

私のケースになりますが、30歳を過ぎてからのMBAで、ファイナンスをバックグラウンドにしていると、MBAのカリキュラムでのファイナンス分野は、多くが既知の内容となってしまい、新鮮味に欠けることもあります。最初に記載しました履修項目の相乗効果の利用とは反しますが、もし投資財務分野で既にある程度キャリアを積んだ方がMBAに来る場合、ファイナンス関連以外を中心に取るほうが知見が広がるのかもしれません。私の場合も、選択科目からはファイナンス分野以外で、主にデータアナリティクスやマネジメント関連の授業を取得していました。もし卒業後に投資財務分野から離れることができないような場合、CFAをキャリアヘッジに使うことで充実したMBA生活を送ることができると思います。

【スケジュール】

MBAとCFAの同時取得のためのスケジュール案として、1次試験はさほど重たいものではないので、MBAに来る前の準備期間やそれ以前に、済ませてしまうのがいいかもしれません。早くにMBAでの合格を勝ち取って、渡米を待っている段階の方でしたら、MBAの科目の予習がてらMBA受験終了後から渡米までの間に勉強して、渡米直前の6月の試験で合格することも可能かと思います。2次試験については定量的な分析が多くなるので、コア科目を終わらせてから夏休みを勉強に利用できる1年生の6月受験がベストかと思います。ここまで順当にいくと、残りの3次試験は卒業直後の2年生の6月の受験で合格して修了するのが最短ルートかと思います。

【まとめ】

最後に、上記に記したMBA期間中のCFA取得のアドバンテージをまとめますと、授業を利用することでの勉強時間及び教科書代の削減、MBA外でのキャリアヘッジ、MBA期間の自己のユーティライゼーションの最大化、クラスメイトのCFA受験者間での新たなネットワークの構築、他分野の授業履修による機会損失の低下、また、スカラシップの利用などがあげられると思います。ともすれば2年のMBA期間で、授業の履修だけだと手持ち無沙汰になるタイミングもあるかもしれません。そういった時間を無駄にしないためにも、1つの選択肢として、特に投資財務分野のバックグラウンドの方は上記のようなCFAとMBAのダブル取得をお勧めします。