2019年11月10日日曜日

アゴスにて学校説明会を開催しました!


Class of 2020 のKentoです。
11月10日(日)アゴスにてUNC卒業生による学校説明会を実施させていただきました。主体となったclass of 2018のメンバーからコメントが届きましたのでご紹介させていただきます。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
当日はお忙しい中たくさんの現役受験生にお集まりいただき、ありがとうございました!
Class of 2015から2019の卒業生7名で学校説明会を実施させていただきましたが、出席者の方からのご質問も多数いただけ、KFBSのプログラムの充実っぷりだけでなく、スクールや日本人卒業生&現役生のコミュニティの結束力といった魅力もご紹介できたのではないかと思います。
説明会後にはささやかなReunionの会も開催し、メンバー一同、楽しい時間を過ごさせていただきました。
KFBS日本人会では、積極的に現役の受験生の方々のサポートをさせていただければと考えていますので、キャンパスビジットの相談、卒業生や現役生への質問などありましたらお気軽にお問い合わせください!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今回、説明会にご参加いただけなかった方、参加したけどもっとUNCについて知りたい!という方は、ぜひウェビナーにご参加ください!

日時:①11月22日(金) 21:00~(日本時間) ②12月6日(金) 21:00~(日本時間)
備考:両日ともご案内するWebinar内容は同じです。また本Webinarは非公式に行うものであり、選考とは一切関係ございません。

ご予約は以下の参加申込フォームからお願い致します。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc8qIQIB2oRpT7XU14gwOVwruAQgAtKviZT-vxUrJvExRKfJA/viewform?vc=0&c=0&w=1

また、UNCに関する質問やスカイプでの在校生とのチャットなどのご希望については、下記メールアドレス宛にいつでもお問い合わせください。⇒
unc.mba.japan@gmail.com

それでは、MBA受験も佳境の時期かと思いますが、体に気を付けて頑張ってください!!

※写真はアゴス説明会後のリユニオンにて

2019年11月2日土曜日

Tech Trek – 西海岸のTech 企業を訪問してきました!


こんにちは! Class of 2021SMです。現在はMod2に突入して日々の宿題や事前課題に追われていますが、そんな忙しさを楽しんでいるところです!
さて、今回はFall Break(Mod12の間にある1週間のお休み)に参加したCareer Trekについてご紹介しようと思います。

Career Trekとは
Career系のクラブが主催する企業訪問旅行の事で、各業界トップティアの会社に勤めているアラムナイのオフィスを訪問し業界理解を深め、ネットワーキングをするという就活イベントです。参加者は主に1年生で、Trekによって参加人数はまちまちですが、多い所で30人弱、少ない所で10人弱くらいです。私はTech業界に興味がありましたので、Tech Trekに参加してきました。
今年はこんな感じのラインアップでした
クラブ名
目的地
Finance
NY
Consulting
Charlotte
Real Estate
Atlanta & Boston
Tech
Seattle & San Francisco 
Entrepreneurship and Venture Capital
San Francisco

ちなみにこのイベントは全て学生主導で運営されており、訪問する企業、アラムナイのアレンジ等を2年生のリーダーシップチームが行っています。

Tech Trekの概要
訪問先とスケジュールはこんな感じです

訪問先
場所
1日目
Amazon, Microsoft
Seattle
2日目
Intuit, Facebook
San Jose
3日目
Google, HP
San Jose
4日目
Cisco, Salesforce
San Jose, San Francisco
5日目
Uber
San Francisco
基本的な流れとしては、企業からプレゼンテーションがあり、その後アラムナイ3~4名とパネルディスカッション、オフィス/ショウルーム見学といった流れになります。
この他には、各自でアラムナイと面談を設定したり、アラムナイやクラスメイトとネットワーキングをするハッピーアワー(飲み会)が3回ほど開催されたりしました。ロジスティクスは各自で手配する必要がり、私はインド人と韓国人とAir BnBやUberをシェアしていました。

所感
個人的に大満足のコンテンツでしたので、皆さんがご入学された際には参加をおススメしたいです!
満足ポイント① 業界/ポジションの理解が深まる
学生だからこそオフィスを見学させてもらったり、素朴な疑問を社員にぶつける事ができたりと、今後自分がどうキャリアを積んでいくかをより明確に考えられるようになりました。また、Tech大企業のオフィスはスケール感や内装、配置まで日本のオフィスと全く異なり、特にGoogleFacebookは社員に気持ちよく働いてもらう、イノベーティブな能力を発揮してもらうという点に、本当に力を入れて投資していると感じました。そういった点で会社のカルチャーを肌で感じられるのもTrekの良い所です。
満足ポイント② クラスメイトと仲良くなれる
「同じ釜の飯を食った仲」というのは良く言ったもので、文字通り一週間ずっと一緒にいるのでお互いの事を良く知るいい機会になりました。また、最後に泊まったAir BnBでは10人で一軒家をシェアしてましたので、皆で夜遅くまで語らったのは本当に楽しい思い出です。

と今回はこの辺で締めたいと思います。受験生の皆さんはこれから佳境を迎えるかと思いますが、入学したら楽しい事がいっぱい待っていますので最後のひと踏ん張り頑張ってください。我々ができる事があればサポートしたいと思いますので是非ご連絡ください!

P.S
先日ハロウィーンがあり、クラスメイトの発案で、お揃いのペンギンの仮装(ペンギンが可愛いからだそうです・・・)をして、グループショットを撮りました!こういった所からも生徒同士が協調的なUNCの良さを感じられます!


2019年10月25日金曜日

【告知】11/22(金)・12/6(金)在校生によるWebinar開催のお知らせ 

以下日時にて、日本人在校生によるKenan-Flagler Business School Full time MBA Programに関するWebinarを開催致します。本WebinarではFull Time MBA Programの概要やApplicationプロセス、当校の特徴のほか、チャペルヒルでの生活やオフキャンパスの過ごし方など、多岐にわたり在校生のリアルな声をお届けいたします。

また、本Webinarを可能な限りアプリカントの皆様にとって有意義なものにするために、参加申込フォーム内で事前質問を受け付けております。当日は事前質問内容にもお答えして参りますので、当校に関しご不明点や気になる点がある方は何なりとご質問ください。

日時:①11月22日(金) 21:00~(日本時間) ②12月6日(金) 21:00~(日本時間)
備考:両日ともご案内するWebinar内容は同じです。また本Webinarは非公式に行うものであり、選考とは一切関係ございません。

ご予約は以下の参加申込フォームからお願い致します。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc8qIQIB2oRpT7XU14gwOVwruAQgAtKviZT-vxUrJvExRKfJA/viewform?vc=0&c=0&w=1

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

2019年10月19日土曜日

Core Value -- Communityについて


Class of 2021KNです。入学して初めてのModuleを終え現在1週間ほどの休暇を楽しんでいるところです。

さて、私からはUNC Kenan-Flagler Business Schoolの掲げる5つのCore ValueExcellenceLeadershipIntegrityTeamworkCommunity)のうち、Communityとの関わりについてご紹介します。まだ入学して3か月ほどしか経っておりませんが、日々のMBA生活では、平日の授業や課題、スタディーグループでのディスカッション等でCore Valueの要素を感じる機会がありますが、Communityは日々の生活の中ではやや実感しにくい面もあるのかなと個人的に思っており、MBAの学生が課外活動でチャペルヒルのコミュニティにどのように関与しているか私の知る限りで少しだけご紹介できればと思います。

MBAの学生が参加する活動の一つとして、休日の半日から1日を使ったボランティア活動があります。
チャペルヒルは自然豊かな場所ですので、近くにノースカロライナボタニカルガーデンや動物保護施設、ジョーダンレイクという湖もあります。これらの場所で清掃活動を行ったり、NPO法人のシェルター建設のお手伝いを行ったりします。私はチャペルヒルから車で15分ほどのところに位置する動物保護施設での清掃活動に参加しました。そこでは飼い主に捨てられてしまった動物や、他の保護施設から引き受けを拒否されてしまった動物を保護し、加えて人々に肉食ではなく菜食主義の啓蒙活動を行っている保護団体でした。


 

私はその他にもドナルド・マクドナルドハウスの清掃活動にも参加しました。
人手が足りないこれらの施設に労働力を提供することもボランティア活動の一つの目的ですが、MBAの学生自身もこれらの活動に参加して、各団体の活動目的や今抱えている問題について理解を深めることも重要な点です。

また、今後、食料飢餓の救済を目指す国際団体とコラボした募金活動等も行う予定です。
このようなコミュニティへの取り組みはMBACommunity Service Committeeという団体が取り仕切っており、私もリエゾンとして企画・運営に携わっております。
MBAに来る前は、何かとスケジュールに追われボランティア活動等を行ったことは恥ずかしながらありませんでしたが、新しいことを始める良い機会でしたのでチャレンジしています。またこのブログ等を通じて新しいことがあれば紹介できればと思います。

コミュニティサービスとは関係がありませんが、チャペルヒル自体、UNCを中心としたこじんまりとした街ですので、週末はいろいろなところでちょっとしたお祭りやファーマーズマーケットが開催されていたり、日々コミュニティとのつながりを感じることができます。もちろん学業面でも色々な刺激がありますが、受験生の皆さまもUNCに入学することとなった暁にはこのような地域とのつながりも十分楽しめる環境かと思います。

2019年10月15日火曜日

【告知】11/10(日) UNC MBA卒業生による学校説明会&留学体験談@渋谷 開催のお知らせ


全米最古の公立大学The University of North Carolina at Chapel Hill (UNC)のMBAプログラムを提供するキーナン・フラグラー・ビジネススクールの卒業生による学校説明会を開催します。
説明会では、MBAプログラムの概要についての説明ののち、卒業生とのQ&Aを行う予定です。当校のカリキュラムの特徴、リーダーシッププログラムの説明から、キャンパスライフや就職活動にいたるまで、実体験に基づく卒業生からの生の声をお楽しみください。

日時:11月10日 18:00〜19:30
場所:アゴス・ジャパン(渋谷)

ご予約は以下のリンクのAGOS Webページからお願い致します。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。


UNC Kenan-Flagler Japan Alumni 

2019年10月5日土曜日

他学部・他大学講義の履修について


こんにちは。Class of 2020 NKです。

今回は本校における他大学や他学部の講義の履修について書きたいと思います。

Full-time MBAプログラムでは、大学及び学部の垣根を越えて様々な講義を履修可能です。例えば、Kenan-Flagler Business SchoolのオンラインMBAコース(MBA@UNC)の授業やMaster of AccountingMAC)のクラス、Duke 大学や ノースカロライナ州立大学等の他大学の講義を履修することもできます。私自身、今年度のMod2においていて、一部科目をMACのオンラインフォーマットから選択しました。

他大学・他学部の講義を履修する上では様々な要件があり、(1)単位認定される範囲が履修先や自分自身の履修状況(交換留学の有無等)により異なること、(2)履修先の講義の始期及び終了時期は様々であること、(3)科目によっては事前に特定の科目の履修が必要であること、(4)移動時間を考慮してコースを選択する必要があること、等考慮すべき点が多々あります。また、MBAの授業選択(主にBidding)とは異なり、自ら動いて全ての情報を確認する必要があるため、時間に余裕を持った対応が望ましいです。まずはMBAプログラムの担当者とコンタクトを取り、詳細に話を聞くのが良いかと思います。

私の場合、Mod1Biddingの時点でMACの講座に興味を持ち、問い合わせを行ったものの、その時点で既にMACMod1はスタートしており、Mod2が最短で受講可能なクラスとなっていました。一方で、受け入れは極めて柔軟で、空きがあれば基本的には履修が可能という取り扱いとなっていました。また、MACの一部講義の事前履修必須科目が、MBAのコア科目の履修でも許容される取り扱いがなされており、基本となるクラスだけでなく、一部の発展的な講義も履修できるのが魅力的でした。オンラインフォーマットは時間帯の制約のため選択しましたが、事前の課題を完了させたうえで、特定の時間帯に生徒全員がログインして実際の講義を受講する形であり、双方向のやり取りが担保されているため、実際の授業を受ける場合と遜色ないかと思います。

このように勉学においてもMBAプログラムは色々な機会を提供していますので、入学された後には是非活用してみてください。

2019年9月21日土曜日

STAR?DBI?UNC略語クイズ!


みなさん、こんにちは。Class of 2020Naokiです。本日は、STARDBIについて書いてみたいと思います。当方はアプリカント時代、この2つのプログラムがある、ということがUNCの魅力の一つでした。さて、この二つ、何の略語だか分かりますか?



STAR

正解は、Student Teams Achieving Resultsです。これはUNCの看板授業の一つである実在企業を対象にしたコンサルプロジェクトとなります。主な特徴は以下です。
  •  期間が長い。通常の授業と並行しつつMod3Mod4に跨る約5か月のプロジェクト。
  •  MBA4人、UNCのビジネススクールの学部生2人のチーム。さらに、チームに1名、コンサル出身のアドバイザーがつき、プロジェクトをサポート。
  • チームに一人明確なリーダーが存在。リーダーはリーダーポジションに応募し、面接を経て、選抜!クライアント、STARプログラムオフィス、アドバイザーとの日々のコミュニケーション、プロジェクトの進め方は全てリーダーが指揮。
  • 自分が取り組みたいプロジェクトを細かく指定して応募可能。企業規模、プロジェクト分野、業種/業界等々が選べます(尚、企業名は応募時には分かりません)。
  • 海外の企業を対象にしたプロジェクトもあり。但し、プロジェクト数自体が少なく、今年は1つしかありませんでした。
  • UNCが学校を上げて力を入れているプログラムのため、定期的にSTARプログラムオフィスによる進捗・内容のチェックが入る。

当方は、海外プロジェクトを第一希望に応募しましたが、落選。しかしながら、結果的には、海外プロジェクトではないということを除いては、希望通り(大企業、製造業、ストラテジー)のプロジェクトに従事することが出来ました。プロジェクト期間中は、クライアントとの面談、週2回(ファイナルプレゼン直前はほぼ毎日)のミーティングを通じ、課題の特定、解決策のアイデア出し、ビジネスプラン(Operationモデル、ファイナンシャルモデル)の作成を行い、クライアントへプレゼンテーションを行いました。非常に多様性のある環境(出身国、年齢、プライオリティ、目的、強み等)において、期間の長いプロジェクト(しかも通常授業と並行して!)に参加することで、日本企業で働いている中では経験しずらい、もしくは気が付きずらいことを、数多く学ぶことが出来ました。



DBI

正解は、Doing Business Inです。DBIUNCのグローバルプログラムの一つで、米国外のビジネススクールが提供している短期の講座に参加するShort Exchangeとなります。UNCでは、長期の交換留学(数か月~半年)、DBI13週間)、GIE(二つ前の投稿でKさんが書いている“大人の修学旅行”)の3つでグローバルプログラムが構成されており、非常に豊富なラインアップとなっております。DBIの特徴は以下です。
  • 学費をUNCに払っているので、DBI先のビジネススクールに受講料を払う必要がなく、交通費や教材費以外の実費のみ負担。
  • 時期が豊富。ビジネススクールの夏休み期間(5月後半~8月後半)、冬休み(12月、1月)、春休み(3月)にプログラムが提供されており、スケジュールとお金が許せば、物理的には一人でいくつものプログラムに参加可能。
  • 選べる国、ビジネススクールが豊富。全てを網羅しきれませんが、ドイツ、オーストリア、イタリア、フランス、デンマーク、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、イギリス、ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、チリ、ペルー、イスラエル、オーストラリア、シンガポール等のプログラムに参加出来ます。
  • 米国外のビジネススクールが提供する講座なので、世界各国のビジネススクールから受講生が集まってくる。
  • プログラムの数があまりに豊富なのに対し、UNCはスモールスクールであり生徒数が少ないため、希望するプログラムに参加できる可能性が非常に高い。

当方はというと、6月中旬から3週間、フランス(ニース)のビジネススクールの講座に参加してきました。まさに世界各国から学生が集まっており(かつ当方のように、A国出身ですが、B国のビジネススクールに行っていて、今回フランスに来ました、という人が結構多い)、米国人が7割以上いるUNCの環境とは大きく異なる環境において、短い期間でしたが学べたことは非常に有意義でした。また、今回家族(妻と子供2人)と一緒にニースに行きましたが、食事!海水浴!観光!と家族も大満足の3週間となりました。



アプリカントのみなさまも、入学のあかつきには、是非とも、STARDBIを体験してみて下さい!きっと多くの学びがあると思います!